料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉花火大会2015の穴場!混雑嫌いの人のおすすめスポットは?!


鎌倉に限ったことでは
ありませんが、

人混み・混雑があるから、
”花火大会は嫌い”

という人も、
多いのではないでしょうか?



ありますよ。
鎌倉花火の超穴場スポット!

7月23日(木)は

人混みを避けて、
のんびり、
ゆったりと。


鎌倉の花火を満喫出来るスポットを
お教えしましょう。




スポンサードリンク



<花火大会の法則>

当たり前の話ですが、
”混雑度”は”近さ”に比例します


つまり

【混雑を避ける代償】は近さの放棄
となります。



そう、
鎌倉花火は遠くから見る!

そうすれば、
人混みは避けられます。





では、
鎌倉の花火はどこまで、
目撃できるのでしょうか?



スポンサードリンク




鎌倉の花火は
江ノ島でも確認できます。


さすがに、
花火の大きさは小さく、

「向こうで花火大会やってるな」

程度の花火ですが、

「人混みは絶対いや!」

という人には、
混雑、行き帰りのストレスは
全くありません。




この程度の花火鑑賞で
良いのであれば、

おすすめスポットを1つ。



小田急線の
片瀬江ノ島駅近くにある、

『江ノ島小屋』

という飲食店。


ここの2Fに
夏だけ解放される、

カウンターバーがあります。


ちょうど
ウッドカウンター席の正面が、
鎌倉花火方面なのです。


これ超穴場ですよ。





ですが、
「もうちょっと近くでみたい!」
という人は、

もう少し近づいてみますか?
混雑を感じないくらいに。




鎌倉花火大会の特徴は
海上での花火、

『水上花火』

です。


海上となる
由比ケ浜・材木座海岸は
混雑度MAXです。



ですが、

会場となるの海の湾が、
弧を描いているので、


水上花火は
比較的遠い所でも確認できます。


そこで、
私のおすすめは

『坂の下』

です。


バスで行くなら、

鎌倉駅から、
江ノ島行きのバスに乗り、

『坂の下』

で下車します。


ここは、
海岸があるので、

レジャーシート一枚あると、
座って花火が見れます。



この海岸は、
小泉今日子のドラマ
「最後から二番目の恋」のロケ地

鎌倉駅から、
少し距離はありますが、


穴場スポットだと
おもいます。


もちろん、
水上花火も見る事が出来ます。




近くにコンビニもあり、

割高な飲み物を、
買わされることもなく

鎌倉の花火大会を
堪能する事ができますよ。



こういった、

混雑をしていない場所での
観戦は、


何とも言えない優越感が
生まれ、

それはそれで、
気持ちいいものです。


そんな意味でも、

穴場スポットを見つけての
花火大会、

楽しみたいものです。




スポンサードリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー