料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマザキナビスコのオレオやリッツ製造終了!もう食べられないの?


ヤマザキ・ナビスコが、
「ナビスコ」ブランドのライセンス契約の終了を、
発表しました。

今後は2016年9月1日付で、
社名を「ヤマザキビスケット」にで変更すると発表しました。

ここで、
我が日本国において重大な問題が二つ生じてしまいます。

まず一つ目。


それに伴って、
ナビスコの代名詞
・オレオ
・リッツ
・プレミアム
・チップスアホイ

の4製品の製造を終了するとも発表。


えっ〜!!

もう、
オレオもリッツも作らないって!

じゃあ、
二度と食べられないんですか?



   
   スポンサードリンク



ナビスコはもう作れない


ライセンスが切れた
『ヤマザキナビスコ』は、

まず『ヤマザキナビスコ』でなくなります。

そうなると、
オレオもリッツも作っちゃいけないんですね。


じゃあ、
もう食べられなくなるの?


安心してください!
オレオもリッツも
無くなりはしないですよ!



これからは、
「クロレッツ」や「リカルデント」
を販売している、

モンデリーズ・ジャパンが、
製造販売を引き継ぐそうです。


もともと、
モンデリーズ・ジャパンから、

ヤマザキさんが
『ナビスコ』を借りていたんですね。



とは言っても、
気になるのが”お味”。

作る会社が変わるとなると、
味も変わってしまうんですかね?


実際、
2017年12月以降に、
「リッツ」や「オレオ」と
似た商品の製造や販売の制限が解除されるらしい…。


ということは、
最悪、
2017年12月以降なら、
オレオやリッツを作っていた”ヤマザキ”さんが、
にたようなものを作れる

=オレオ、リッツが復活

ということですね。



とにかく、
ヤマザキナビスコではない会社が、
同じようなものを作るのかが、
気になるところです。



もう一つ、
社名変更で変わってしまうものがあります。

それは、
サッカーJリーグの
『ヤマザキナビスコカップ』の名称です。



スポンサードリンク



ヤマザキナビスコカップの名称は?


2016年開催の
『ヤマザキナビスコカップ』の名称は、
そのまま継続されるとのことです。

来年以降は、
検討中らしいです。


ということは、
来年以降は、

社名変更に伴った、
『ヤマザキビスケットカップ』
に変更される可能性大ですね。


…格好悪い。

なんか、
ランクが一つ下がった感じがしてならないです。


イメージって大事ですね。



最後に


とりあえず、
オレオやリッツは今後も食べられそうです。

とりあえずは一安心。


でも、
企業だけではありませんが、
イメージは大事ですね。




スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー