料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ島の駐車場空き状況がわかれば渋滞混雑の回避が可能!その方法とは?

混雑



「江ノ島に車で遊びに行きたい!」

そこで頭をよぎるのが、
渋滞問題と車をどこに停めるか問題。

「渋滞にも巻き込まれるないで、
駐車場も空いているところにスムーズに…」

そんな虫のいい話…と思いますが、
ある方法を知っていれば、
ある程度回避できます。



スポンサードリンク




江ノ島の渋滞の特徴


まずは、
江ノ島の渋滞の特徴を知るところから、
始めましょう。


江ノ島の交通事情に関しては、
駐車場と渋滞の、
2つはリンクさせて考えないといけません。



江ノ島を訪れる人は、
江ノ島島内の駐車スペースに停めたがるので、
江ノ島目がけてどんどん橋を渡っていきます。

そして、
島内の駐車スペースが埋まれば、
駐車場待ちの車が列をなしていき、

次第に、
島から延びる橋の上まで車が繋がって、
たちまち身動き出来ず立ち往生。


橋に入ってしまったらアリ地獄。
駐車場に入るか、
江ノ島島内奥のUターンスペースまで行く
かの、どちらしか方法はありません。


そう、
江ノ島道路の弱点は引き返す事が、
難しいという点なのです。



そして、
駐車場に入れない車、島を渡れない車で、
どんどん詰まっていき、
国道134号にまで溢れてきて渋滞。

134号線という道は基本的には、
海沿いの一本道なので、
一箇所でも詰まってしまうと逃げ道がなく、
ジ・エンド…。


というのが江ノ島周辺の渋滞の仕組みです。


つまり、
江ノ島の渋滞は駐車場から始まっている
と言っても過言ではありません。



ですので、
江ノ島で渋滞を回避する方法としては、
駐車場が埋まっているのか?いないのか?
がわかれば防げるのです。



スポンサードリンク



江ノ島での渋滞混雑の回避方法



先ほど申しましたが、

江ノ島で渋滞を回避する方法としては、
駐車場が埋まっているのか?いないのか?
それがわかれば防げるのです。



「そんな江ノ島の駐車場の空き状況が、
簡単に分かる方法なんて…」


それがあります!
しかもリアルタイムでわかりやすいヤツが!
それがこれ!


【湘南なぎさパークのホームページ】

このホームページが本当画期的なのですが、
サイトを開くと、
『湘南海岸の駐車場情報』
(湘南パーキングインフォメーション(空車情報))

これで一目瞭然で空き状況がわかります。

湘南なぎさパーク



また、
駐車場の位置が地図上に表示されているので、
どこまでが満車で、
どこまで空きがあるのかも簡単に把握できます。


言い換えれば、
今は江ノ島に渡っていいのか?悪いのか?
これが判断できるというわけです。

そして、
無駄に江ノ島に渡ることが回避でき、
アリ地獄渋滞に巻き込まれることも防げるのです。


では、
具体的に見ていきます。



スポンサードリンク



具体的な空き状況の見方



江ノ島の島内にある駐車場は、
江ノ島内部から、
・湘南港臨港道路付属駐車場 普通車320台 バス5台
・江ノ島かもめ駐車場 普通503台 バス14台
・観光協会江ノ島駐車場 普通78台 バス10台
・江ノ島なぎさ駐車場 普通327台

そう、
この4つの駐車場をチェックするのです。

これらの駐車場に空きがないということは、
イコール駐車場待ち渋滞が発生している可能性が高いのです。


つまり、
これらの駐車場が満車になると、
車がバーっと溢れ出し渋滞が始まります。


ですので、
この時は島に渡らず、
江ノ島近隣の駐車場に止めることが賢い選択ということになります。



車の中で、何時間もイライラするよりも、
江ノ島手前の駐車場に車を止めた方が、
時間的にも精神的にも損はしないでしょう。



スポンサードリンク




最後に


江ノ島は関東近郊で気軽にいける、
観光スポットです。

それだけに人気な場所であり、
週末や繁忙期の混雑は当たり前な状況であります。

しかし、
江ノ島の駐車場の空き状況が一目でわかる、
『湘南なぎさパーク』の駐車場情報を駆使することで、

江ノ島の渋滞を回避し、
無駄な時間を消費することなく、
江ノ島を楽しむことができるというわけです。


しかも、
駐車場問題も解決できるわけですから、
まさに一石二鳥。


江ノ島観光をお考えの方は、
今一度、
『湘南なぎさパーク』のホームページをご確認ください。



スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー