料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスターズ甲子園とは?参加資格と出場方法をわかりやすく!まだ甲子園で野球ができる?!

マスターズ甲子園




高校野球の聖地
”甲子園”に、
高校球児OBとしてその地に立つことができる、

マスターズ甲子園

そうなんです。
甲子園の夢が叶わなかった人も、
甲子園での活躍をもう一度味わいたい人も、

再び夢の舞台”甲子園”で野球ができる
…かもしれない。

そんな、
マスターズ甲子園に出たくないですか?

一体どうすれば出場できるのでしょうか?
その資格や条件とは?



スポンサードリンク



マスターズ甲子園とは?


甲子園(全国大会)出場の有無に関係なく、
プロ・アマ経験などのキャリアなども一切問わない、

同じ高校野球同窓生として、
甲子園の地でプレーができる機会を提供しているのが、

マスターズ甲子園です。


その甲子園に思い入れのある、
世代を超えた元高校球児がOBチームを結成して、

野球を通しての同窓会を行い、
野球の素晴らしさを伝えていくことこそ大会の目的です。


次に、
出場するための条件や資格を見ていきましょう




マスターズ甲子園の出場選手資格



手短に説明しますと

<出場選手とチーム>
・高校野球に少しでも携わっていればOK
・ただし現役の大学、社会人、プロの選手はダメ
・1チーム34歳以下が14人以上,35歳以上は15人以上の29人以上


またそのルールも面白い。

<試合方法、投手>
・3回までを34歳以下のチーム
4回以降を35歳以上のチームで行なう。
・34歳以下のイニング(1〜3回)での投手は27歳以上
・投手1人2イニングまで
・1試合9イニング、もしくは90分で打ち切り



なるほど。
「甲子園でもう一度”ガツガツ”勝敗を競う」
というよりは、

「年配の方でも参加できて甲子園で野球を楽しめる」

そのように組まれたルールのように見受けられます。




そうですよね。
2019年大会にはPL学園OBとして、
桑田真澄が出場することで話題になりましたが、

桑田が1試合フルに投げられても、
対戦相手はおそらく野球にならないでしょうね。
(個人的には桑田と対戦できるだけでも幸せですが)


そう言った面でも、
”野球と甲子園を楽しむ”
という姿勢が見えてきますね。



もう少し詳しい情報はこちらになります。

■出場選手資格
○”高校野球”に少しでも関わっていれば良い。
元高校硬式野球部の
 ・部員
 ・監督
 ・部長
 ・コーチ
 ・マネージャー 
 のOB・OGであること。
(高校野球部に一時期でも在籍すれば可)



○現役の大学・社会人野球・プロ関係者はダメ。
 (ただし監督・部長・コーチ・マネージャー及び
  現役軟式野球選手ならOK)
・大学野球(準硬式を含む)の現役選手
 ・社会人野球(企業チーム・クラブチーム)の現役選手
 ・現役のプロ野球関係者ではないこと
 (女性選手も同じ)

 ただし、
 ・軟式野球の現役選手
 ・大学野球、社会人野球のは
 出場することができる



■登録選手数と年齢制限
チームのベンチ登録選手数は最低29名以上。
その内訳は、
・34歳以下が14名以上
・35歳以上は15名以上で構成しなければならない




■試合方法・時間
○3回までを34歳以下のチームで行ない、
 4回以降を35歳以上のチームで行なう。
 4回以降は新たに1番打者から試合を行なう。


 ただし2回表終了時に
 試合開始後30分を経過している場合には、
 3回から35歳以上のチームで、
 新たに1番打者から試合を行なう。




○9イニング、もしくは1時間30分打ち切りとする
 (延長戦は行なわない)



■投手規定
○34歳以下のイニング(1~3回)では27歳以上とする。
○全て2イニング以内の登板とする(6アウトではない)。
 (なお、34歳以下のチーム及び35歳以上のチームの
 両方で登板する場合でも通算2イニングとする)



では、
チームとしてマスターズ甲子園・代表OB試合に、
出場するする方法は次の通りです。



スポンサードリンク



マスターズ甲子園・代表OB試合に出場するする方法


マスターズ甲子園の
代表OB試合に出場するするには、

1)母校OBチームを結成する。
2)全国高校野球OBクラブ連合に加盟・申請する
3)母校の所在する都道府県で8校以上の予選大会を開催する
4)優勝校または選抜チームがマスターズ甲子園・代表OB試合に出場

という流れになります。
ちなみに加盟費は1万円です。



より詳しくはこちら
http://www.masterskoshien.com/zenkoku_ob/howto.html




スポンサードリンク



最後に


高校時代、
野球に触れた人なら一度は夢見たことはある(はず)
甲子園。

その聖地に立てた高校球児はほんの一握り。


その夢をもう一度!
というのが”マスターズ甲子園”

とても素晴らしい企画だと思います。




スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー