料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピック宿泊の穴場はここ!狙いは新幹線移動!おすすめ宿泊地は?

ホテル



チケットはあるのに宿がない!


いよいよ!いよいよ近づいてきました
2020東京オリンピック!

日本で!東京で開催されるとあって、
「絶対生で観戦したい!」
と異常な盛り上がりを見せたチケット争奪戦。

その難関を突破しチケットをゲットしたのにも関わらず、
次なる問題が生じております。

それは、
宿泊問題

そうチケットは当たっても、
都心に泊まれる宿がない!
これ本当切ない問題です!

そりゃそうですよね!
全世界から、日本国内からオリンピックめがけて、
やってくるわけです。

そんな宿泊難民を救うべく、
”穴場”的な場所が見えてきます。
そんなオリンピックの宿泊情報をご紹介します!



スポンサードリンク



五輪期間の宿泊事情と料金


オリンピック競技において、

都心部での競技場は、
オリンピックスタジアム周辺に集中するヘリテッジゾーンと、
有明など臨海部に集中する東京ベイゾーンに集中します。

となると、
1番贅沢な宿泊先と言うと、
スタジアム近くもしくは臨海エリアと言えるでしょうか。



電車で一駅二駅で行けるような、
”贅沢”な宿泊先は厳密に言えば、あるはあります。

宿泊先もよりますが、
1年前とも半年前とも言われている、
予約開始とともにすかさず予約を入れれば取れなくはないです。

しかし、
厳密のもう一つの意味は
”気軽に泊まれる”宿
これがなかなか無いのです。


というのも、
2019年と2020年の同時期の宿泊価格は、
なんと3~4倍も高騰します。



例えば
ヴィラフォンテーヌ東京汐留というホテル
スーペリアツインルーム(20平米)というお部屋
2019年と2020年とで比較してみますと…


開催1年前の2019年7月28日チェックインで、
14,991円(大人1人一泊)

しかし、
五輪開催の2020年の同じ7月28日は
なんと70,910円(税抜)
に跳ね上がります。


一生に一度のイベントとはいえ、
3倍増の料金はちょっと考えちゃいますよね。

新宿のビジネスホテルでさえも、
10,500円→66,000円
と、まあこんな感じです。



夏休みの繁忙期に加えて、
オリンピックで国内外から押し寄せる宿泊客。

東京五輪開催期間の、
2020年
7月24日(金)〜8月9日(日)

この期間に1年前のようなお手軽価格の宿を見つけるのは、
不可能に近いでしょう。

それなら、
ちょっと割り切って考えてみてはいかがでしょうか!

それを踏まえての、
今回お伝えしたい”穴場”と言える考え方です。


どうせ普通に泊まると高いのなら…

交通の便がいいで都心宿泊先で、
6~7万円もの高い料金を持って行かれるくらいなら、

いっその事、
30分くらい離れた近隣首都圏に泊まった方が、
割安でオリンピック観戦が可能かもしれませんよ!



スポンサードリンク



オリンピック観戦穴場宿泊場所は東京の外を狙え!


・近いけど、3~4倍かかる宿
・30分くらい離れるけど通常価格に近い金額で泊まれる宿

どちらに惹かれますか?


ただし、
30分遠いところに宿を構えても、
時間帯によっては通勤や帰宅ラッシュ。

そんな満員電車でぎゅうぎゅう詰めの移動は、
ちょっと避けたいところ。

どうせ6〜7万はしょうがない…
と思っていたのなら、
ここで思い切って新幹線を使ってみるというのはどうでしょうか。



東京駅から30分〜50分の移動時間圏内で、
見ていくと割と良い作戦のように見えます。


東京ー大宮(埼玉) (25分)
3,320円(指定席)

東京ー小田原(神奈川) こだま(35分)
3,940円(指定席)

東京ー熱海(静岡) (47分)
4,390円(指定席)

東京ー宇都宮(栃木) (49分)
5,130円(指定席)


これらは各県の主要都市でして、
ビジネスホテルから普通のホテルまで存在します。

詳しい料金はまだ発表されていませんが、
おそらく都心のように通常価格の3~4倍料金になるような上がり方は、
地方はないと予想します。

そうなると、
新幹線使っての移動代の
3,000~5,000円なんて安いものですよ。

これにプラスして、
20,000~30,000円宿泊代かかっても、
都内で探すより半分で済みます。


まして、
宿泊先が楽しめるところなら、
2度”美味しい”作戦。


個人的におすすめは”熱海”

オリンピック観戦も去ることながら、
宿泊地は温泉街。
昼間はオリンピック観戦し、
その疲れを宿泊先の温泉で取る。

・料金は半分に抑えられ
・温泉にも入れる

こんなお金、時間の使い方も”あり”かと思います。




余談ですが、
昔、英語の先生が埼玉在住の私に、
海外に行ってどこに住んでいると聞かれたら、

『near Tokyo』と答えよ!と。

海外の人からしたら、
30分で行ければそこは東京だよ!と。

日本人の発想で、
「東京に泊まらなければならない」
という発想をぶち破ってしまえ!です。


大宮(埼玉)なんて、
東京まで30分かかりませんよ。

しかも、悠々座っていけます。


7万円ドブに捨てる..とはちょっと言い過ぎですが、
移動を要する場所に泊まっても安い!
そして、オリンピックで2度楽しめる。


断然こっちですね。




スポンサードリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー