料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ島海の家2016!料金・期間は?西浜おすすめはここだ!




夏は〜! 海に行こう〜!

電車でも、車でも、
気軽に行ける海こそ

江ノ島です!

何年か前までの”クラブ化”した海の家が、
大音量での音楽禁止で、

家族連れや”普通の人?”でも、
だいぶ行きやすくなりました。

ですが、
あれだけ沢山の海の家あると、
どこを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そんな、
江ノ島の2016年、
片瀬海岸西浜を中心に、
おすすめの海の家をご紹介!



スポンサードリンク



海の家の基本情報


江ノ島片瀬海岸の
海の家のオープン期間が

7月1日〜8月31日
までです。

近年、
9月過ぎても暑い日が続いて、
「もう少しやればいいのに!」
と思っているのは私だけではないはず…。

泣いても笑っても暑くても、
9月1日には、
解体ショーが始まってしまいます。



次に、
海の家の標準機能
・シャワー
・ロッカー
・休憩所 の

利用料金がどこの海の家でも一律
大人 1,500円
子供  800円
となっています。

場所によっては、
・ロッカーのみ使用可
の所や

バーベキューと込み込みのセット料金で、
サービスを提供しているところもあります。


そうなってくると、

それぞれの海の家で、
どんな特徴があるのか、

ここが、
海の家を選びのポイント
になってきますね。



最近の傾向


最近の海の家のトレンドは、
絶品グルメ!

飲食店や名店とコラボしている、
海の家も多いので、
海にいながら、

美味いものにありつけます。

”何を食べようか?”

そんな視点からも、
海の家を選んでも楽しいと思いますよ。






2016江ノ島(西浜海岸)海の家一覧



ではそんな視点で早速、
海の家を見ていきましょうか。

では、
小田急線片瀬江ノ島側から、
海に出てみましょう。



【西浜亭】
IMG_5010

小田急や、江ノ電といった、
駅から一番近い海の家です。

特に小さなお子様がいる、
家族連れの方、

一面敷き詰められたゴザの上で、
落ち着いて1日過ごせますよ。

ここのおすすめは
しらす丼(800円)
海の眼の前で江の島グルメも堪能できます。


【湘南チェリーボーイ】
IMG_8749



ここでのオススメは、
『チャーミー スノーアイス』
カキ氷でもアイスでもない食感!

500~600円

お手頃価格で美味!



【海の家SHONAN】
IMG_0023

こちらも、
昔ながらの海の家。

チャラチャラした感じではなく、
”これぞThe海の家!”
といった雰囲気がノスタルジック!

家族連れには安心の海の家です。



【TOKYO POP】
IMG_0181

この海の家のテーマは、
”女の子のための海の家!”

パッションフルーツのリキュール
「PASSOÃ」
をベースにしたカクテルを提供します。



【湘南きんぐ】
IMG_5158

ここの売りはバーベキュー。
厳選素材でのBBQで湘南きんぐ名物といえば、
マグロのカマ焼き。

また人気のアヒージョも、
ここ湘南きんぐで食べられます。

それだけではなく、
渋谷肉横丁ともコラボ。

ここでは、
他でも珍しい、
エジプト料理が楽しめます。





【KANALOA】
IMG_0278




【EL CANTINA the BeaAch】
IMG_2274

ここのおすすめは”

自家製ローストビーフ丼(900円)
なかなかこの値段で食べられないですよ!

EL CANTINA(イルキャンティ)
は江ノ島水族館隣のイタリアンのお店。

ですので味は間違い無いです。

他にも、
・牛タン丼(900円)
・ガパオライス(800円)
・牛タンバーガー(600円単品)

3時間飲み放題の
バーベキューもできます。
(5000円)




【GAZIR】
IMG_2348

ここのおすすめは、
アイスクリームでもカキ氷でも無い、
”じゃあなんなんだ?”

という冷んやりスイーツ
”北の綿雪”(600円〜)

ふわふわカキ氷に、
ミルク、イチゴ、チョコ、マンゴー

暑い日には最高です。




【HounD】
IMG_8122

ここは言うなれば”バー ”ですね。

ドリンク、カクテルが充実してます。
フードメニューのラインナップに、
パンケーキもあります。





【バカラビーチ】
IMG_7595

ここは、
『湘南からあげ』
『ししまる水産』
という食べ物屋さんの入った海の家。

『湘南からあげ』のおすすめは、
湘南チキン南蛮

『ししまる水産』は海鮮焼きのお店。
全品600円で、
サザエや
ハマグリ
ホタテ
エビ
イカ などなど、
海に来たら食べたいものが食べられます。




【AJITO】
IMG_2763

ここの売りは
”ラーメン”
海で食べるラーメンも美味いっすよね!

ここ海の家でありながら、
”とんこつ”ラーメンが食べられます。

しかもそれだけではなく、
ラーメン以外の”麺”も充実!

・パスタ
・冷麺
・フォー
・担々麺
・トムヤムクンのラーメン

もう海の家の域を超えてます。




【箱舟】
IMG_3091



スポンサードリンク




【沖縄ビレッジ】
IMG_3307

沖縄料理店が、
なんと5店舗も陣取っています。

オリオンビールに、
海ぶどう
島らっきょう
ゴーヤチャンプル
沖縄そば

まで。

ここは江ノ島ではなく
もう”沖縄” です。




【OCEAN RESORT】
IMG_5444

ここは、
海の家でありながら
プリクラが置いてある珍しい海の家です。

あと、
ここの売りはバーベキューなのですが、

平日限定で、
・海の家1日利用
・BBQ
・飲み放題

これ全部込みで5,000円
これは絶対安い!




【PLAY THE EARTH】
IMG_9427

ここも肉なんですが、
肉は肉でも”チキン”

店の前のバーベキューコンロで焼き上げる
チキンが本当に美味そう!
値段も500円ととてもお買い得。

他にも、
・スガキヤラーメン(名古屋)
・沖縄GoMeカレー
・揚げたこ焼き

と日本各地のうまいものを揃えている感じです。
でも、
海の家で”寿がきや”の名前が聞けるとは…。




【ROINS】
IMG_7883

ここの売りはバーベキュー。

焼肉屋さんを姉妹店にもつこの海の家は、
肉質にこだわってます。

BBQコースが3,000~もリーズナブル。

そしてそんな肉にこだわる
ロインスのお勧めの一品は、

”バックリブ”800円
秘伝のタレに漬け込んだ、
豚のロース側の骨つき肉。

ビールのお供に最高です。




【フナッシー ビーチ ハウス】
IMG_0257

ここは説明はいりませんね。
”フナッシー”1色の海の家。

食べ物、飲み物、
全てがフナッシー。

お土産やグッズも販売してます。

もしかしたら、
フナッシーに会えるかも…。





【俺たちの西浜】
IMG_3413

ここは、
”ハンモック”で過ごせる海の家。

ハンモックに揺られながら、
ビール飲みながら海辺で過ごす..
いいですねー。

このハンモック、
販売もしているとか。






【LAWA LAWA】
IMG_1162

ここは、
おしゃれなバースタイルの海の家。

他にラーメンもおすすめ。

鵠沼の名店
”渦”の名前も。




【White Sands】
IMG_5804

おしゃれなイルカのイラストが目印。

ここのおすすめは
バーベキュー。

・海の家の利用
・BBQ食べ放題
・飲み放題

込み込みで5,000円は安い!



【チャッピー】
IMG_2303



【ニュー鈴や】
IMG_6238

こちらも、
昔ながらの海の家です。



最後に


これだけあると、
本当どこに行っていいのか迷いますよね。

これら情報が少しでもお役に立てれば、
幸いでございます。





スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー