料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エマダツィ!パクシャパ!ブータン料理が食べられるお店はどこ?

ブータン国旗

ブータン国旗






孤独のグルメで、
気になったので調べちゃいました。

”エマダツィ”
”パクシャパ”

いったい何のこっちゃ?


そうこれらは、
【ブータン料理】 なのであります。

『世界一辛い料理』 と称されるブータン料理。


それもそのはず、

ブータン料理には、
唐辛子が多く使われるのでありますが、

この唐辛子を香辛料ではなく、
”野菜” として捉えているのであります。

それにしても、
「唐辛子と○○の…」という料理が多い事多い事。



「とにかく辛い」らしい。




想像しただけで、
口の中に唾液がジュワ〜っと染み出てきちゃいます。

辛いものフェチにはたまらん映像です。



「いや〜、食べてみたい!」

私も含め、
そう思われた方の為に、

エマダツィ・パクシャパはもちろん、
ブータン料理が食べられるお店を、
見つけようではありませんか?

ではでは、
幸せになれるヒーヒー、
ブータン料理が食べられるお店へGO!


スポンサードリンク




ブータン料理が食べられるお店は?


やはり、
このお店から紹介しないといけませんかね。




【ガテモタブン】

ブータン料理が食べられるパイオニア店。

日本国内で、
「ブータン料理」と調べるとほぼこのお店しか、
出てきません。

今回の五郎さんもココです。



■営業時間
ランチ :12:00~14:30
ディナー:18:00~23:00
定休日 :月曜日

■電話番号:03-3466-9590

■住所 
 〒151-0064 
 東京都渋谷区上原1-22-5

■最寄り駅
 千代田線・小田急線「代々木上原駅」

■アクセス
 コンコースを抜け、
 上原銀座商店街の坂を上がったところ。
 徒歩3分


聖地巡礼者が今後、
駆け込みそうです。


そこで、
穴場の新聖地発見です。



【YANGTSE】

読めないっす…。

これで、
”やんつぇ”と読むようです。
これで予約できますね。

■営業時間
ランチ :11:30〜14:30(ラストオーダー14:00)
ディナー:18:00~24:00(ラストオーダー23:30)
定休日 :日祝日

■電話番号:080-9180-4650

■住所
 千葉県船橋市西船4-26-2 2F

■最寄り駅
 西船橋駅北口

■アクセス
 駅を背に武蔵野線沿いを歩き、
 駐輪場の前のビルの2F
 徒歩3分


いや〜、

調べれば調べる程、
出てこない出てこない…。

ブータン料理は激レアです。


次にこれら聖地で食べられる、
五郎さんも食べていたあれを詳しく!




スポンサードリンク



ブータン料理の超基礎知識


簡単ではありますが、
料理説明です。


【ダツィ】
 チーズのこと
 カッテージチーズに近い

【エマ】
 唐辛子
 ブータンでは唐辛子を野菜として捉えており、
 唐辛子を使った調理が多い事から、
 『世界一辛い料理』と称されることも。


【エマダツィ】
 ブータンを代表する、、
 チーズと唐辛子を用いた煮込み料理。
 国民食と言っても過言ではない。

 唐辛子を火にかけ、
 チーズと少しの水で煮込んだものに、
 トマトやニンニクを加えてもう一煮立ちさせる。


【パクシャパ】
 豚肉と唐辛子の煮込み
 一口サイズにカットされた豚肉を、
 にんにくや生姜などを加えて煮込んだ料理。


ブータン=”エマ”の国なんですね。


最後になりましたが、
ブータンという国をこれまた簡単に!



ブータンという国は?



そんな異国の料理をたしなむ前に、
ブータンという国について、
少しでも知っていないと失礼!

という事で、
ブータン超超基礎知識です。


<地理>ブータン1

ブータン












中国とインドに挟まれているんですね。
ネパールとは面していませんが、
ほぼ同じ緯度ですね。


あとは、
『幸福度No1』 というキーワードが出てきます。

なんでも、
国民総幸福量(GNH)という
ブータン国家が提唱した指標があるらしいんですが、

『ブータンは幸福度97%!』

つまり、
ブータン国民のほぼ全員が、
”幸せだな〜”と感じているそうです。


以上、
超超基礎知識でした。


さいごに


異国の料理を見るのは、
楽しいです。

唐辛子を”野菜”と見立てて料理する。

確かに、
唐辛子は野菜なんですけどね…。

ブータン料理は、
「辛さの向こう側に味がある」
とのことです。


私は、
まだまだ手前でシャットアウトかも。

是非是非、
”向こう側”を訪れてみたいと思います。


スポンサードリンク








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー