料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ島花火大会2016夏秋の開催日程!注意点と地元民おすすめ超穴場スポット!

江ノ島花火1



日本でもあまり類を見ない、
1年で2回も花火大会を開催する
江ノ島


湘南江ノ島では夏と秋の年2回、
花火大会が行われますが、

2016年の江ノ島花火の日程の詳細は
こちら!


また最後に、
地元の人間でしか知らない、
穴場的スポットもご紹介です。



スポンサードリンク




2016江ノ島花火大会の日程


2016年も昨年同様、
夏、秋の開催となります。



8月に行われる花火大会は、
『江ノ島納涼花火大会』

10月に行われる花火大会は、
『ふじさわ江ノ島花火大会』

と微妙に名前を変えてきます。



規模的には”秋”の方が、
大きい花火大会になります。


とはいえ、
夏の花火もやっぱりいいですよね〜!

では早速、8月の花火から




江ノ島納涼花火大会(8月)


江ノ島納涼花火大会

日時  2016年8月22日(月)
時間  19:00~19:20
打上数 1,200発

場所  神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜

会場へのアクセス
・小田急江ノ島線『片瀬江ノ島駅』から徒歩2分
・江ノ電『江ノ島駅』から徒歩10分

雨天中止

8月の江ノ島花火の注意点


この8月の花火大会の注意点は、
雨天中止

そう、
天気が悪ければ、
”順延なしの中止”となります。


あとは、
開催時間が20分 しかないので、
場所決めをモタモタしていると、
すぐ終わってしまいます。

ご注意を!




次は
秋の花火大会です。


ふじさわ江ノ島花火大会(10月)


日時  2016年10月15日(土)
(荒天時は10月16日(日)に順延)

時間  18:00~18:45
打上数  3,000発

場所  神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜

会場へのアクセス
・小田急江ノ島線『片瀬江ノ島駅』から徒歩2分
・江ノ電『江ノ島駅』から徒歩10分


江ノ島花火会場図





10月の江ノ島花火の注意点


夏の花火に比べて、
打ち上げ数も2倍以上になりますが、

1つ欠点といえば、
”寒さ”
が挙げられます。

10月中旬の夜は、
結構肌寒いです。

海風にあたりながらの45分は、
なかなか辛いです。


そこで、
海の近くでの観覧は、
防寒対策、
寒くない格好をして行った方が良いです。




また秋の
『ふじさわ江ノ島花火大会』では、
有料観覧席が設けられています。

チケット販売価格
1人・2,500円

場所は、
イタリアンレストラン「イルキャンティ」前。
眺めを遮るものはありません。

ここにパイプ椅子を並べて、
観覧席を作っています。




この席のメリットは、
・海上付近で上がる花火(ナイアガラなど)
目の前の特等席で見られること。

ですが、

先ほども申しましたと通り、
”寒い!”


まあ、
スターマインでも十分堪能できますけど、
「全部見たい!」
という人にはおすすめかと。





あとは、
夏・秋両方で言えることなのですが、


江ノ島近辺の駐車場に、
車を停めてしまうと、

花火大会が終了してもしばらく、
出られない状況になってしまいます。

花火大会当日は、
車では来ない方が良いですね。



スポンサードリンク



最後に


夏の花火が1,200発
秋の花火が3,000発

そうはいっても、
夏でも全然満足できる花火大会です。



別に近くなても、
江ノ島を支点として、
浜が湾曲しているので、

個人的な穴場スポットは、

東は七里ヶ浜、
西は鵠沼海岸や、辻堂あたりでも全然、
見れます。



超穴場は、
湘南モールフィルの屋上



このショッピングセンターの、
屋上の駐車場からの江ノ島の眺めが、

地元民の知る人ぞ知る、
超穴場スポットです。

車で行けて、
寒さ対策バッチリ!


地元民はわざわざ、
混雑しているところなんか…。




人混みを避けたいという人には、
こちらの方がオススメ!

あえて、
そんな混雑に飛び込まなくても、
のんびり花火を見れますよ。





スポンサードリンク






関連記事

コメント

    • たいが
    • 2016年 10月 09日

    今年車で行くのですが
    花火大会終わったらどのくらいの時間
    動けませんかね?大体でいいので教えてもらえると幸いです

      • tanto
      • 2016年 10月 09日

      うる覚えで申し訳ございませんが、
      花火終了して1時間くらいは、
      帰宅ラッシュやらで片瀬江ノ島駅周辺はゴチャつくかと思います。

      停める駐車場にもよりますが、
      【江ノ電駐車センター】
      という駐車場は、
      モロに規制がかかる場所を通らなければならないので、確実に閉じ込められます。

      江ノ電島内の駐車場も帰り道は逃げ道がなく、集中するので、終わってしばらくは、動けないかと。
      また逆に、
      当日停める方も早い時間でないと結構苦労するかと思いますよ。

    • YONCE
    • 2016年 10月 10日

    はじめまして。

    公式HPを見てもよく分からなかったので質問させて頂きます。

    有料席もあるようなのですが、基本的には無料で観覧可能なのでしょうか?

      • tanto
      • 2016年 10月 10日

      投稿ありがとうございます。

      地元の人間は、
      あまり有料席には行かないですね。
      もったいないって思ってしまいます。

      花火が打ち上がる場所が、
      ちょうど江ノ島水族館正面くらいの沖合
      になります。

      なので、
      片瀬海岸西浜つまり浜辺なら、
      何処からでも花火大会全体を、
      よく見る事が出来ます。

      また、海上から上がるので、
      江ノ島、片瀬海岸周辺ならどこからでも、
      高く上がる花火は見れます。

      その浜辺の一角が有料席となるのですが、
      江ノ島水族館前辺りに、
      椅子を並べているだけの場所を指します。

      風が強くて秋は結構寒いですよ。

      ですので、
      「有料席じゃないと見えない」
      という事はありません。

      江ノ島を渡る橋の川沿いの土手みたいな所に、
      みんな敷物敷いて座って見てますよ。
      もちろん早い者勝ちです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー