料理人が送る オヤジ世代が世間の流れについていける情報満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍋の作り方の基礎知識!今さら聞けない基本中のキホン!


”暖まる”
”お手軽”
”経済的”
”美味しい”


そう、
良い事だらけの 【お鍋】
心も体も温まりますよね。

フトコロ具合も、
鍋みたいに温かくなるといいんですけどね…。



そんなお鍋、
”あること”をちょっとだけ、
気にするだけで、

もっともっと、
美味しく鍋をつくることができますよ。


今更聞けない、
現役料理人が教える、
鍋作りの基本中のキホンです!





スポンサードリンク




お待たせしました。
お鍋作りの基本のお話です。

これは、
他の料理にも活かせるので、
是非身につけて欲しいと思います。



お鍋作りの基本のキホン


ポイントは、
具材をどのタイミングで入れるか

つまり
【火の入れ方】
です。


ここをしっかり理解して、
実戦するだけで、

格段にお鍋が変わりますし、
お鍋以外の料理も上手になりますよ。




鍋に使う具材で大きく分類すると
・肉
・野菜
・魚介類
といったところですかね。


これら食材の特徴と、
鍋に入れるタイミングを見てみましょう。



■肉類


基本的に
鶏肉、豚肉が多いかと思います。
(えっ、我が家だけ?)


もちろん、
牛肉にもあてはまりますので、
総じて肉類に関して言えることですが、



一般的に言われているのが、

【一番最初に入れましょう】


これは決して間違いではないのですが、
”どっちが立てば、どっちが立たず”
といった状態なのです。


最初に入れるメリットは、
・肉から旨味が出てスープが美味しくなる

しかし、
実はデメリットも存在してしまいます。

・肉の旨味が出切ってしまって、肉本来の味が弱くなる
・肉が硬くなる


これは言い方を変えると、
”後から入れるメリット”となります。





つまりどちらを取るか、なんです。

早く入れる=スープを美味しくさせる
後で入れる=お肉を美味しいまま食べられる  


しかし、
最近の鍋作りの傾向として、
市販のスープを使う機会が殆どだと思います。

この市販のスープは本当良くできていて、
流し込めば完成!



つまり、
ダシなど取らなくても十分美味しく作れちゃうんですね。

だとしたら、
肉は”肉として”美味しく食べた方が、
私は良いと思います。

後から入れても、
ダシは出ますし…。


<結論>
肉は最後の方で入れるべし!



■魚介系


実はこれ、
魚介系にも言える事なんです。
理由は肉と同じです。


貝もエビもイカもみんなそう。

先に入れていいのは、
”食べるところのないカニ”ぐらいですかね。



<結論>
エビや貝の魚介類も後入れがいい!




最後は、
野菜ですね。


野菜に関しては、
はっきり言って”好み”かと思いますね。



スポンサードリンク



■野菜


鍋に使う野菜といえば、
・白菜
・長ネギ
・きのこ類
・葉もの
(春菊・水菜・ほうれん草)

あたりかと思います。

この中で、
堅いとされる”白菜の芯部分”も、
火を入れてくれば”しんなり””くたくた”になりますね。


野菜に関しては、
メリットというよりは、
”好み”ですかね。

<長く炊いて>
・味が染みる
・柔らかくなる

<サッと炊いて>
・シャキシャキ感で野菜が美味しく食べられる


きのこ、葉ものは、
すぐに火が入るので、最後の方に入れた方が、
縮んで無くならないと思います。



僕個人的には、
長く柔らかめに炊いて、
しっかり味の含んだ白菜、長ネギが好きです。


野菜に関しては、





どっちが好きか?
答えはないですね。



スポンサードリンク



最後に


うちのカミさんも、
寒い季節、晩ご飯に困ったら、
まず鍋ですね。

ですが、

子供たちも含め、
「鍋が嫌い」という人は、
あまり聞いたことはないですね。



そんな誰からも愛されている、
お鍋ですが、

うちのカミさんを見ると、

「もう少し作り方をこだわればいいのに…」と、
思ってしまいます。

いやいや、
鍋自体は美味しいんですよ。



これは私、
”料理人視点”での感想でして、

ちょっとした、
”基本”みたいなものを、
ほんの少しだけ気にかけると、
お鍋の出来上がりが格段に進化するのにな〜

といった意味での感想でございます。

…怖くて、
なかなか言えないんですけどね。




スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー